就職活動中の身だしなみについて

身だしなみは礼儀

就職活動中の身だしなみというのは非常に重要です。
説明会や見学会の段階から採用担当者は
自分のことを見ているということを忘れないでください。

学生時代、私の友人で「見た目で人を判断するような会社には入らない」などといって
服装に無頓着な人がいました。

でも、この身だしなみというのはそういう問題ではなく、
いわば会社に対する「礼儀」と思ってください。

挨拶するときに目上の人に対して敬語を使うようなものです。
採用担当者としても、就職した後で礼儀のない学生を合格にすることはあり得ませんので、
身だしなみが理由で不合格になるというようなもったいないことは避けるようにしましょう。

男性、女性ともに清潔感があることが第一のポイントです。
黒、紺、グレーのリクルートスーツを着用し、
カバンもできたらリクルート用の無難なデザインのものをそろえましょう。

靴に関していうと、男性は黒の革靴、女性は黒のパンプスが一般的ですが、
女性のヒールはたくさん歩くことを考えていつもより少し低めのものを選ぶようにしましょう。

シャツはアイロンのかかったものを着用します。
下宿生でアイロンがけが苦手という方は、
形状記憶のシャツを購入すると便利です。

洗濯したあとでノーアイロンでもある程度しわがのびているというシャツです。
ただ、ノーアイロンといってもやはり若干のしわが残ってしまいますので
アイロンをかけるのは望ましいかと思います。

全くしわがつかない素材も今はありますがかなり高価です。
就職した後に使うのであれば買うのもいいかもしれませんが、
就職活動中に着るだけなら、一般的な形状記憶のシャツで十分です。

髪型は、特に女性は気になるところだと思います。
男性は清潔感があるような短めの髪型が好まれます。

女性は髪の毛をおろすよりはゴムで一つに縛るだけでもいいので、
かならずまとめるようにしてください。

アップにする必要はありませんが、
髪の毛をまとめていないとだらしない印象を与えることになります。

爪や貴金属について

男性も女性も爪を短く切ってください。
実習などもあるので、普段から短くされているかもしれませんが、
気合を入れてマニキュアを塗るといった行為は避けてください。

実際に働く姿を想定してみると、
医療現場でマニキュアは必要でしょうか?もちろん不要です。

ですから、マニキュアもプライベートのときにだけと割り切って、
就職活動中はきちんと落とすようにしておきましょう。

貴金属の着用はもちろんNGです。
普段ピアスやネックレスをしている人も会場でははずすことを忘れないで下さい。
これらの身だしなみについては、業界によって異なります。

例えば、マスコミ業界なんかはスーツでもデザインスーツを着ている人をたまに見かけますが、
それはマスコミ業界だから許されること。

医療関係では、一般的な清潔感ある服装がいいとされていますので、
奇抜な服装は避けるようにしてください。
最後にさわやかな笑顔は何にも勝る服装といえるでしょう。
新人の強みはフレッシュさですから。